ナイロビ日本人学校の教育の特長

確かな日本語力の育成

母語であり、思考言語である日本語の力を高め、将来、世界のどこにいても活躍できる子供を育てます。 

英語教育の充実

日本の学習指導要領に沿った外国語活動に加えて、外国人講師による授業を並行して行い、実践的なコミュニケーション力を高めるとともに国際理解を深めていきます。

道徳教育の充実

道徳の授業はもちろんのこと、学校の教育活動全体を通じて、子どもたちの道徳性を養います。 

国際理解教育の推進

日本文化と異文化についてそれぞれ理解を深め、さまざまな人との交流を通して、これからの未来に生きる国際感覚を養います。 

キャリア教育の推進

ケニアでの生活環境を生かし、国際的な視点に立って、将来の

キャリアにつながる経験を積みます。

今週の一枚

 児童生徒会活動による豆まきイベント、遊びと鬼ごっこをを合わせてみんなが楽しめるイベントを考えました。日本の文化にふれながらみんな楽しむことができました。

 この日はカルラフォレストに遠足に行きました。体力向上を目指し約5キロ道のりを頑張って歩きました。途中滝を見たり、洞窟を見たり急な坂道を登ったり、まるで探検のようでした。

 7月に雨で中止になって、やっと実現できました。子ども達自身で遊ぶ内容を考え、司会進行して、自分たちで考えて行動する力が身についていることを実感することができました。